痩せ菌レシピ

痩せ菌食品・食材・レシピ

痩せ菌レシピ集!美味しい料理・スープで楽しくダイエット

更新日:

痩せ菌レシピ!簡単料理でらくらく痩せる!

痩せ菌を増やすおすすめレシピを利用して簡単にダイエットを成功させよう!

 

痩せ菌レシピ!簡単料理でらくらく痩せる!

痩せ菌レシピ!簡単料理でらくらく痩せるんです!

痩せ菌レシピ!簡単料理でらくらく痩せる!

 

痩せ菌のレシピの中には、効果が高いのに手間もかからないというレシピが複数存在します。

その中でも有名なものが、ヨーグルトのホエイ、酢キャベツ、そして冷凍きのこです。

これらは作り方も簡単で、ヨーグルトのホエイは、プレーンヨーグルトをコーヒードリッパーのペーパーフィルターを用いて、ホエイを抽出するだけ。

味わいに癖がないため、プレーンヨーグルトの苦味が好きではない人でも、ヨーグルトのホエイが好きという人がいます。

最新の痩せ菌のレシピでは、酢キャベツが人気になってきました。

というのも、最新の痩せ菌のレシピの多くは、作り置きできるかどうかが重要だからです。

酢キャベツは、痩せ菌のレシピにおいて作り置き可能と案内されており、しかも痩せ菌のレシピが複雑ではありません。

キャベツを使用して細切りを作った後、ジッパー付き袋を用いてキャベツを塩揉みするだけで問題ありません。

最後に酢、好みでマスタードも含ませて漬け込むと完成です。

痩せ菌のレシピの中では、他の料理との相性が抜群なだけでなく、コストパフォーマンスも最高とされています。

そして今では、冷凍きのこも痩せ菌のレシピを通じて知られるようになりました。

きのこには多くのミネラル、鉄分、食物繊維が含まれているため、痩せ菌のレシピとの相性が抜群です。

作り方も難しくなく、冷凍きのこのレシピは、お好みのきのこを用いるだけで問題ありません。

後は食べやすい大きさにする、保存袋に入れてから冷凍して食べるだけです。

冷凍することで、痩せ菌を多く摂取できるレシピになります。

また、きのこは簡単に凍結させることが可能なので、他の痩せ菌のレシピより時短になるところも良いですね。

 

痩せ菌レシピ!スープでダイエット♪

痩せ菌レシピ!スープでダイエットできちゃいます♪

痩せ菌レシピ!スープでダイエット♪

 

痩せ菌を増やしてダイエットを成功させたい!と考えている方も多いと思います。

痩せやすい身体の人の腸内には痩せ菌と呼ばれる菌が多く含まれていることが最近の研究ではわかってきています。

そんな痩せ菌は、痩せ菌を増やしやすい食品を摂取することで増やしていくことができます。

ココがおすすめ

今回は痩せ菌を増やしやすい食品を使用したスープのレシピを紹介していきます。

スープは食欲がわきにくい朝にも飲みやすいですし、夜残業などで遅くなってしまった時にも便利です。

スープであればカロリーの割に食べ応えがあるのでおすすめです。

痩せ菌を増やすスープとしておすすめのものはゴボウとなめこを使ったレシピです。

作り方はとっても簡単で鍋に水とだしを入れてゴボウを入れて火にかけてゴボウに火を通します。

ゴボウに火が通ったころ、なめこを加えまた煮立つまで火にかけます。

最後は好みの味付けをして完成です。

シンプルなスープのレシピなのでアレンジもしやすく飽きにくくおすすめです。

出汁と食材の味を楽しむのも良いですし、日によっては洋風、中華風などにアレンジするのも面白いですね。

他にも納豆とシイタケを使うスープレシピもあります。

納豆をスープにいれてしまうことでネバネバが減り食べやすくなります。

こちらも簡単で1cm幅に切ったチンゲン菜とシイタケを一緒に鍋に入れます。

納豆は熱に弱いので食べる直前に入れて予熱で温めるのがおすすめです。

こちらも味付けは自由にすることが可能です。

 

痩せ菌の育腸レシピって何!?

痩せ菌の育腸レシピって何か知ってますか!?

痩せ菌の育腸レシピって何!?

 

ついつい食べ過ぎが続いてしまったり、食べ過ぎていなくても年を取るにつれて代謝が落ちてしまい、年々痩せにくい身体になってしまいますよね。

食事制限や運動などをしてダイエットをするのも良いですが、続けるのが難しいという場合には腸内環境を改善させる育腸がおすすめです。

腸内環境を改善させることで、身体を自然と痩せやすく太りにくい状態にしていくことも可能です。

腸内環境を改善させるには、食べるものを工夫し痩せ菌を体内で増やすことがおすすめです。

今回はおすすめの育腸レシピを紹介していきます。

育腸レシピは腸内環境を改善するためのレシピです。

体内の痩せ菌の量を増やしたり、痩せ菌のエサである食物繊維を効率よく摂取することを目的にしています。

そのため、育腸レシピにはたくさんの種類があります。

食物繊維を取りやすいもの、痩せ菌を体内に取り入れることができる育腸レシピなど、ご自身の目的にあったレシピを選びましょう。

また、好きな食材や手に入りやすい食材を使用する育腸レシピを選ぶことで続けやすくなるのでおすすめです。

ポイント

おすすめの育腸レシピは発酵食品を使用しているレシピです。

発酵食品には痩せ菌が含まれているものも多いので、摂取することで痩せ菌を増やすことも可能です。

 

発酵食品といえば納豆とかですが…

その効果など下の記事で詳しく書いてるので参考にしてみてください。

↓↓↓

痩せ菌は発酵食品で増やす!納豆・味噌・ぬか漬けのダイエット効果を徹底検証!

発酵食品の痩せ菌効果を知っていると、下でご紹介する育腸レシピを作りたくなります。

痩せ菌の育腸レシピおすすめ3選

痩せ菌の育腸レシピおすすめ3選とは?

痩せ菌の育腸レシピおすすめ3選

 

実際に痩せ菌を増やすことができる育腸レシピでおすすめのものを3つ紹介していきます。

簡単にできるものばかりなので、お料理が苦手な方や仕事などが忙しく自炊にあまり時間をかけられない方にもおすすめです。

まず最初におすすめする育腸レシピは乾物をヨーグルトで戻す方法です。

一見びっくりしてしまう育腸レシピですよね。

ですが、乾物には食物繊維が豊富に含まれていますし、ヨーグルトは発酵食品なので効率よく痩せ菌と痩せ菌のエサを摂取することができます。

切り干し大根ヨーグルトを一緒に加えて冷蔵庫でふたをして8時間ほど置いておきます。

その後は納豆を加えて味を調えて完成です。

放置している間に完成するので忙しい方にもおすすめです。

次におすすめする育腸レシピも乾物をヨーグルトで戻すものです。

乾燥わかめと棒寒天をヨーグルトで戻します。

棒寒天は戻しやすくなるようにちぎっておきましょう。

そして、更に痩せ菌を増やしやすくするために、玉ねぎのみじん切りも乾物とヨーグルトに加えておきます。

これも冷蔵庫で8時間放置します。

出来上がったものをオリーブオイルなどで味を整えて完成です。

ヨーグルトのサラダ感覚で食べることができます。

最後におすすめする育腸レシピはナッツのはちみつ漬けです。

作っておけばちょっとした時に食べることができますね。

おやつにもおすすめです。

ナッツは大きいものは細かく砕きトースター、もしくはオーブンでローストします。

そして、ナッツを清潔な瓶に入れて浸るほどの量のはちみつを入れます。

一晩から3日ほど放置して完成です。

 

-痩せ菌食品・食材・レシピ

Copyright© 痩せ菌ing! , 2019 All Rights Reserved.