食べても太らない体質作り

痩せ菌トリビア

食べても太らない体質作り!食べ物やお菓子で痩せ菌を増やす方法!

更新日:

食べても太らない体質になれる、食べ物やお菓子で痩せ菌を増やす方法をご紹介!

食べても太らない体質、それほど食べてなくてもすぐ太る体質、やっぱり食べ物が違うみたいですね。

そこで、食べても太らない体質作り、食べ物やお菓子で痩せ菌を増やす方法の中でも、実践しやすいものを探してみました。

 

食べても太らないのはなぜ!?特徴や体質の法則

食べても太らないのはなぜ?スラッとした人を見ると羨ましい限りです。

食べても太らないのはなぜ!?特徴や体質の法則

 

スラッとした人ほど、私の目の前でガッツリ食べてるんですよね。

食べても太らないのはなぜか、実は特徴や体質の法則があるみたいですよ。

本当なら痩せている人に24時間くっついて、食べても太らないのはなぜかを探りたいところ。

でも、それは土台無理な話です。

ココがポイント

食べても太らないのはなぜか、特徴や体質の法則を挙げてみますね。

・腸内に他の人の倍以上の善玉菌がいる

・腸の働きが活発(便秘になりにくい)

筋肉が多くて基礎代謝が高い

・大食いに見えるだけ

食べても太らないのはなぜか、一番の理由は腸内環境です。

腸内環境は私たちの健康や美容のカギを握っている場所で、善玉菌がいっぱいいる方が体質的に有利です。

食べても太らないのはなぜか、善玉菌には代謝を促す痩せ菌もありますから。

同時に、腸の働きが活発で便秘になりにくいと、余分なものが溜まりにくいのはよく分かりますよね。

それから、食べても太らないのはなぜか、筋肉が多いのも理由の一つです。

筋肉を増やす運動をしている間も代謝量が増えますが、筋肉を付けると筋肉があるだけで基礎代謝が増えます。

また、食べても太らないのはなぜか、大食いに見えて実は見えないところで、食事量・内容を調整している人も結構いますよ。

「人との食事は楽しみたいから、いっぱい食べる。でも、いっぱい食べた後は、栄養やカロリーを調整。」

これって食べても太らないのはなぜかの前に、健康管理としても大事なことですね。

 

食べても太らない人は善玉菌・痩せ菌が多い特徴がありますね。

あなたの腸内にどのくらいの痩せ菌がいるのか調べてみませんか?

↓↓↓

痩せ菌チェック!あなたの腸内にはちゃんといる?

セルフチェックであなたが食べても太らない体質かどうかが分かります。

食べても太らない体質作り15のポイント!

食べても太らない体質作りの方法があったら、ぜひ実践してみたいと思いませんか?

食べても太らない体質作り15のポイント!

 

そこで、私が「かなりデブ⇒ちょいデブ」になれた、食べても太らない体質作りの方法を教えちゃいますよ。

まずは、食べても太らない体質作りの中でも、基本的な食事の方法から!

和食率を増やす

野菜を意識的に摂る

朝ご飯をしっかり食べる

よく噛んでゆっくり食べる

食物繊維⇒タンパク質⇒炭水化物の順に食べる

⑥1日2リットルの目標にこまめに水分補給する

これらは食べても太らない体質作りとして、よく言われていることですよね。

食べても太らない体質作りと言っても、いきなり難しい栄養計算を始めても疲れちゃいますよね。

なので、私は食べても太らない体質作りにイイ、基本的な食事の方法に慣れてから、次のような方法もチャレンジしてみました。

⑦血糖値が急上昇しにくい低GI値の食品を意識する

間食は午後3時までに終える

⑨夕食は午後8時まで終える(睡眠の2~3時間前

発酵食品を意識的に摂取する

この中で私が一番難しいなと思ったのが低GI値の食品探しですが、食べても太らない体質作りには何となく効果大だった感じがします。

雑穀米や雑穀パン、野菜、海藻は、代表的な低GI値の食品です。

食べても太らない体質作りにイイ低GI値の食品は、ネットで探すともっと色々見つかりますよ。

また、食べても太らない体質作りとして、生活習慣ではこんな方法に取り組んでみました。

⑪7時間前後を目標に睡眠をしっかり取る

⑫1日20分以上ウォーキングする

湯船に浸かる入浴をする

⑭家事はテキパキこなす

⑮頑張っているご褒美に1日1つ好きなことをする

食べても太らない体質作りのための生活習慣では、特にウォーキングは頑張ってみました。

ところで、食べても太らない体質作りって、ポイントを15個挙げてみただけでは意味が漠然としちゃいますよね。

ポイント

でも、これだけ全部を実践すると、痩せ菌を増やして食べても太らない体質作りになるんです。

そもそも、痩せ菌はエネルギーや脂肪の消費を促すことで、食べても太らない体質作りに貢献してくれる善玉菌です。

糖質や脂質はデブ菌の餌になるので、食べても太らない体質作りに大事な痩せ菌を増やすためには、糖質や脂質のコントロールは必須です。

発酵食品で痩せ菌を意識的に摂取するのも、食べても太らない体質作りに効果的です。

最後に、疲労やストレスを溜めないこと、適度な運動で腸を刺激するのも、食べても太らない体質作りにイイ習慣になりますよ。

 

ここまで、食べても太らない体質作りのポイントをまとめまてきました。

食べても太らないように気を付けている人が多いということは、つまり、ふつうは「食べ過ぎたら太る」のが常識だと思われてるってことですよね?

ところが。

実は「痩せ菌は大食いほど多い」といわれているんです! ぜひこちらの記事をチェックしてみてください!!

↓↓↓

痩せ菌は大食いほど多いのはなぜ!?

痩せの大食いの人たちって羨ましいなぁ…」といつも思っていた私ですが、これを読んでようやく納得できましたよ。(笑)

 

食べても太らない方法!これだけ覚えればOKな3つのポイント

食べても太らない方法って色々あるけど、どれを選んだら良いものやら。

食べても太らない方法!これだけ覚えればOK

 

食べても太らない方法を色々聞いちゃうと、頭の中が混乱して結局1つも実践できていないことってありませんか?

こんな時は、食べても太らない方法の中でも、大事なポイント3つを頭に入れておくと良いですよ。

①低糖質・低脂質の食事でバランスの良い栄養を摂る

②発酵食品や適度な運動で腸内環境を整える

③生活リズムを整えて疲れやストレスを溜めない

食べても太らない方法3つは簡単なことですが、毎日続けようと思うと難しいんですよね。

まず、糖質や脂質の多い食事はデブ菌の餌になりやすく、デブ菌を増やして代謝を低下させます。

食べても太らない方法を取るのなら、その逆として痩せ菌の好む低糖質・低脂質の食事を心掛ければ良いのです。

・白米の代わりに雑穀米、うどんの代わりにそば、パンなら雑穀パンにする

・肉なら脂質の少ない赤みの肉、ささみ、むね肉などにする

和食中心、野菜中心の食事にする

これだけ心掛けることができれば、十分食べても太らない方法を実践できています。

それから、食べても太らない方法として、便秘にも注意が必要です。

腸内環境を整えて便通を良くするために、発酵食品や適度な運動を意識するのも、食べても太らない方法になります。

発酵食品⇒ヨーグルト、納豆、漬物、キムチ

適度な運動⇒ウォーキング、軽いジョギング、腹筋、ストレッチ

発酵食品に関しては食べても太らない方法として、玉ねぎヨーグルト、納豆ヨーグルト、酢キャベツなどを取り入れている方もいますよね。

これらは美味しくはないのですが、頑固な便秘にも効果が期待できます。

また、疲れやストレスは地味に私たちの体に害をもたらすので、食べても太らない方法として快適な生活を送ることです。

「長く起きていると食べたくなる」「食べることでストレスが紛れる」ではダメです。

食べること以上に楽しいことを見つけて、過食から気持ちをそらすのも、食べても太らない方法として効果大です。

 

食べても太らない食べ物ランキングトップ5

食べても太らない食べ物があるとしたら、どんな食べ物なんでしょうね?

食べても太らない食べ物ランキングトップ5

 

食べても太らない食べ物ランキングトップ5を挙げてみました。

まず、食べても太らない食べ物ランキングトップ1は、「ヨーグルト」です。

但し、ヨーグルトも糖分・脂質の多いものは、食べても太らない食べ物にならないので注意が必要です。

食べても太らない食べ物として食べるなら、もちろん糖分・脂質をカットしたものです。

ヨーグルトは乳酸菌が豊富で、腸内環境を整えて痩せ菌を増やす効果があります。

食べても太らない食べ物ですが過剰摂取は禁物で、1日1カップくらいで十分です。

食べても太らない食べ物ランキングトップ2は、「納豆」です。

納豆も食べても太らない食べ物ランキングトップ1の、「ヨーグルト」と同じように発酵食品の仲間です。

善玉菌が豊富に含まれていると同時に、血液をサラサラにして体内の巡りを良くしてくれます。

なので、食べても太らない食べ物として、1日1パックは食べておきたいですね。

「納豆+ヨーグルト」「納豆+玉ねぎ+ヨーグルト」として食べる方法も、食べても太らない食べ物になります。

それから、食べても太らない食べ物ランキングトップ3は、「キャベツ」です。

キャベツは痩せ菌の餌になる食物繊維が豊富で、ダイエット食にしているモデルさんも多いですよね。

キャベツを食べても太らない食べ物として、効率的に食べるなら「酢キャベツ」がおすすめです。

「千切りキャベツ半個分+塩小さじ2+リンゴ酢200ml」をポリ袋に入れて揉み、半日冷蔵庫に置いておくだけで出来上がりです。

食べても太らない食べ物、最強の「酢キャベツ」は毎食100gずつ食べると良いですよ。

デブ菌の餌となる糖質や脂質の吸収を緩やかにして、痩せ菌が優位な腸内環境に導いてくれます。

食べても太らない食べ物ランキングトップ4は、「こんにゃく」です。

こんにゃくゼリー、こんにゃく麺とか市販のダイエット食品にあるくらい、こんにゃくは食べても太らない食べ物です。

1枚でもたったの15kcalで、食物繊維がたっぷり含まれています。

満腹感が得やすい上に満腹感が持続しやすい点でも、食べても太らない食べ物になります。

ただ、こんにゃくだけではバランスの良い食事はできないので、野菜などと一緒に食べるのがベストです。

最後に、食べても太らない食べ物ランキングトップ5は、「トマト」です。

トマトは低カロリーにしてビタミンやミネラルが豊富で、食べても太らない食べ物です。

トマトと言えば、抗酸化成分の「リコピン」もよく知られていますよね。

細胞を老化や病気から守ったり、血中のコレステロールを減らしたりなど、食べても太らない食べ物であると同時に健康食でもあります。

健康的なダイエットを目指しているなら、ぜひ1日1個は取り入れたい食べても太らない食べ物ですね。

 

食べても太らないお菓子と食べ方のルール

食べても太らないお菓子があったら、お菓子好きのダイエッターはどんなに嬉しいことか。

食べても太らないお菓子と食べ方のルール

 

食べても太らないお菓子と一緒に、食べ方のルールについてもお話ししましょう。

まず、食べても太らないお菓子の中でも、もっとも人気があるのが「ごぼうチョコ」。

作り方は皮を剥いたごぼうを細く切って、砂糖水に入れて10分茹でます。

そして、ごぼうに溶かしたチョコレートを付けて冷やせば、食べても太らないお菓子の出来上がり。

なぜごぼうチョコが食べても太らないお菓子なのかと言うと、こんな効果があるから。

ごぼう⇒水溶性食物繊維のイヌリン、オリゴ糖で痩せ菌を増やす

高カカオチョコ⇒短鎖脂肪酸を生成する

ごぼうチョコのごぼうにもチョコにも、痩せ菌を増やす効果があるので食べても太らないお菓子なんです。

痩せ菌を増やす効果のあるごぼうチョコ。

効果や口コミ、作り方を知りたい方は下の記事で詳しく書いてるので読んでみてください。

↓↓↓

ごぼうチョコに痩せ菌増加効果が発見!実際に痩せた口コミ体験談&おすすめ作り方レシピ!

テレビでも話題になったけど、お菓子を食べて痩せられるなんてうれしいですよねっ。

 

それから、食べても太らないお菓子として、「食物繊維が豊富なお菓子」もおすすめです。

例えば、こんにゃくゼリー、おからクッキー、果物、ナッツ類などは食物繊維が多く含まれています。

食物繊維は餌になって、痩せ菌を増やしてくれるので、食べても太らないお菓子になります。

それでもやはり、食べ過ぎには注意です。

また、食べても太らないお菓子を食べるにしても、食べ方のルールがあります。

注意ポイント

1日200kcal以内を目標にする

午後3時までに食べ終える

・お菓子に対する欲は十分な睡眠や趣味で忘れる

食べても太らないお菓子だからと言って、ガッツリ食べていてはそれなりのカロリー摂取になってしまいます。

1日200kcal、午後3時までと目標を決めれば、食べても太らないお菓子でも食べ過ぎを防ぎやすくなります。

どうしてもお菓子が欲しくなったら、寝たり好きなことをして忘れるのもイイですよ。

 

-痩せ菌トリビア

Copyright© 痩せ菌ing! , 2019 All Rights Reserved.