痩せ菌の論文特集

痩せ菌トリビア

痩せ菌の論文特集!ちょっと難しいけどためになるお話

投稿日:

痩せ菌の論文があれば、きっと痩せ菌の凄さがよく分かるはずです。

34歳の2児ママ・専業主婦の私が、痩せ菌の論文を集めてみました。

痩せ菌の論文」と言うと、ちょっと難しそうだなと思うかも知れません。

でも、効率的に痩せるためには、痩せ菌の論文のようなちょっぴり難しい話こそ役に立つんですよ。

健康系のテレビ番組を見ている感覚でいいので、痩せ菌の論文に関する話を聞いてください。

 

痩せ菌の論文、サイエンス誌で報告された肥満と腸内細菌の関係

痩せ菌の論文やサイエンス誌では、肥満と腸内細菌の関係について報告されているんです。

痩せ菌の論文、サイエンス誌で報告された肥満と腸内細菌の関係

 

日本の専門家が注目している痩せ菌の論文が、米科学誌「サイエンス」で紹介されたワシントン大学グループの研究論文。

この痩せ菌の論文では、肥満と痩せ型の双子4組を選出。

腸内細菌の多い8人の便を、無菌のマウスの腸内に移植しました。

痩せ菌の論文の結果は以下の通り。

肥満の人の便を移植したマウス⇒太った
痩せ型の人の便を移植したマウス⇒痩せた

この痩せ菌の論文を見た日本の専門家は、「腸内細菌が肥満を引き起こす原因となっている。」と話しています。

ところで、痩せ菌の論文で発表される科学力は、今では腸内細菌の種類や数が分かるところまで進んでいるようですね。

ココがポイント

日本の専門家が発表した痩せ菌の論文では、次のようなことが分かっています。

欧米型の高脂肪食を1週間続ける⇒腸内細菌の構成が変化

痩せ菌の論文では、その原因について以下のように書かれています。

肥満の原因菌⇒食事で摂った糖類の分解・吸収を促進

つまり、痩せ菌の論文で言いたいのは、肥満の原因菌が高脂肪食を餌に増殖するのだと言うことです。

痩せ菌の論文では、痩せ菌を増やすための対策法まで書かれていました。

それは「野菜を中心に色々な食材を適度に摂取できる、昔ながらの和食を意識すること」です。

確かに、和食が健康に良いことは、痩せ菌の論文以外の場でもよく言われていますね。

 

痩せ菌の論文を多数投稿する森田氏の講演で話された腸内フローラって何!?

痩せ菌の論文を「Nature」「Cell」などに多数投稿する、偉大な人物として有名なのが「森田英利氏」です。

痩せ菌の論文を多数投稿する森田氏の講演で話された内容

 

森田氏は岡山大学大学院・環境生命科学研究科の教授であると同時に、AuB株式会社のCEOです。

AuB株式会社は、腸内フローラ解析を専門とする会社です。

では、こんな専門家として幅広く活躍している、森田氏が発表した痩せ菌の論文についてお話しましょう。

まず、痩せ菌の論文にある「腸内フローラ」と言うのは、腸内細菌の状態のことを言います。

私たち人間の腸内には、実は100兆もの細菌が住み着いているんですよね。

痩せ菌の論文によると、「太りやすい人と痩せやすい人とでは腸内フローラが違う」とあります。

太りやすい人⇒肥満型の腸内フローラ
痩せやすい人⇒痩せ型の腸内フローラ

さらに、痩せ菌の論文では、毎日の食事によって腸内フローラが変化するとの情報もあります。

「高脂肪食を摂取⇒胆汁酸が増える⇒痩せ型の腸内フローラを作る細菌を殺す⇒肥満型の腸内フローラになる」

痩せ菌の論文によると、高脂肪食はこのような流れで腸内フローラを肥満型に変化させます。

肥満型の腸内フローラには、エネルギーを溜め込みやすい性質があるから体を太らせるんです。

また、痩せ菌の論文では痩せ型の腸内フローラには、次のような代謝物も関係していると書かれています。

・アピゲニン
・ナリンゲニン

痩せ菌の論文によるとこれらの代謝物はフラボノイドで、エネルギー消費や脂肪燃焼を促進してくれます。

ところで、「食事制限や運動を頑張ったのに痩せない!」「一旦痩せてもリバウンド!」なんて言う経験はありませんか。

痩せ菌の論文では、このことについても語られていましたよ。

なぜ努力しても痩せないか、それは腸内フローラが肥満型だから。

痩せ菌の論文によると、ダイエットしても腸内フローラが肥満型のままだと痩せないそうです。

腸内フローラが「肥満型⇒痩せ型」になるまでには、少なくとも4ヶ月以上は高脂肪食・暴飲暴食に気を付けなければいけないみたいです。

こんな痩せ菌の論文を聞くと、「ダイエットが長期戦になる」って分かる気がしませんか?

 

痩せ菌の論文、「セルメタボリズム」で報告された内容とは!?

痩せ菌の論文と言えば、アメリカの医学誌「セルメタボリズム」で報告されたのもあるんです。

痩せ菌の論文、「セルメタボリズム」で報告された内容とは!?

 

「セルメタボリズム」と言えば、アメリカ一流医学誌の痩せ菌の論文ですよ。

こんな素晴らしい医学誌に報告された、痩せ菌の論文はコレ。

痩せ菌の論文では、32歳女性の大腸炎の治療について書かれていました。

32歳女性は腸内環境を正常にするため、健康な16歳娘の糞便抽出物を腸内に注入する治療を受けました。

痩せ菌の論文によると、16歳娘の腸内フローラは肥満型だったとのこと。

32歳女性は治療に成功したものの、治療後はどんどん太ってしまったそうです。

治療前⇒体重62㎏、BMI26(やや太り気味)
治療16ヶ月後⇒体重77.4㎏、BMI34(肥満)
治療3年後⇒体重80kg以上、BMI34.5(肥満)

痩せ菌の論文では32歳女性の肥満の原因が、16歳娘の肥満型の腸内フローラにあることまで分かっています。

なので、痩せ菌の論文において、糞便移植の際に太りすぎていない提供者を選ぶよう推奨しています。

治療で大変な中での提供者選びでしょうが、肥満は美容にも健康にも関わる大事なことです。

痩せ菌の論文を聞いたからには、病気にも糞便移植の提供者選びにも気を付けましょうね。

 

痩せ菌論文のまとめ

痩せ菌の論文について、「サイエンス」「セルメタボリズム」、森田氏の講演内容などをお話ししました。

痩せ型の腸内フローラがダイエット成功の鍵

 

どの痩せ菌の論文にも共通するのが、腸内フローラに痩せ型と肥満型が存在することです。

痩せ型⇒エネルギー消費や脂肪燃焼を促進する代謝物が多い

肥満型⇒代謝物が少なくエネルギーや脂肪を体内に溜め込む

痩せ菌の論文では、痩せ型と肥満型の腸内フローラの違いを上記のように報告しています。

しかも、一旦肥満型の腸内フローラになると、すぐに痩せ型の腸内フローラになれる訳ではありません。

ポイント

痩せ菌の論文では「肥満型⇒痩せ型」にするのに、少なくとも4ヶ月はかかるとしています。

ダイエットは長期戦が当たり前のように言われるのには、痩せ菌の論文にある内容が大きく関係しているのでしょうね。

 

-痩せ菌トリビア

Copyright© 痩せ菌ing! , 2019 All Rights Reserved.