難消化性デキストリン

痩せ菌食品・食材・レシピ

難消化性デキストリンで痩せ菌ダイエット!効果的な飲み方と危険性のない摂取量はこれ!

更新日:

難消化性デキストリンで痩せ菌ダイエット!

皆さんは、難消化性デキストリンというものをご存知ですか?

この成分はトクホ(特定保健用食品)などにも良く配合されていて、その健康効果に注目が集まっています。

そしてなんとこの難消化性デキストリンには、腸内の善玉菌の一種である“痩せ菌”を増やす働きがあり、痩せやすい体質に変えてくれる効果が期待できるそうです!

そこで今回は、難消化性デキストリンの痩せ菌効果や飲み方、そして気になる副作用についてもご紹介していきたいと思います。

 

難消化性デキストリンで痩せ菌が増える効果があるのはなんで?

難消化性デキストリンで痩せ菌が増える効果がある理由とは?

難消化性デキストリンで痩せ菌が増える効果がある理由とは?

 

かんたん説明

難消化性デキストリンとは、植物のでんぷんを消化されにくいように作った水溶性の食物繊維のことです。

水溶性食物繊維は腸内で水分を取り込んでゲル状になり、余分な脂肪を吸着しながら腸中をゆっくりと移動します。

難消化性なので胃や腸でほとんど消化されないまま便になります。

その間に腸内の善玉菌のエサとなって腸内環境を良くしてくれるので、善玉菌のひとつである痩せ菌も増殖しやすくなります。

ココがおすすめ

また、難消化性デキストリンには糖質の吸収を抑えてくれる効果もあるので、ダイエットをしている人や糖質制限をしたい人にはとても適した成分なのです。

難消化性デキストリンは「魔法の痩せ粉」とも呼ばれ話題になっています。

痩せ菌の増える粉にはフェカリス菌も有効と言われています。

痩せ菌が増える粉の効果やおすすめなどを下の記事で詳しく紹介しているので、読んでみてください。

↓↓↓

痩せ菌が粉で増える!?魔法のパウダー「フェカリス菌」の効果を徹底調査!

この難消化性デキストリンとフェカリス菌のどちらも入った痩せ菌の粉も紹介しています。

難消化性デキストリンと痩せ菌!飲み方・摂取方法のおすすめはこれ!

難消化性デキストリンと痩せ菌!飲み方・摂取方法のおすすめは?

難消化性デキストリンの飲み方・摂取方法

 

痩せ菌を増やす難消化性デキストリンの効果的な飲み方は、“食前が食事中に飲む”という方法です!

難消化性デキストリンは食物繊維なので、食事よりも先に摂取することによって、その後に食べる食事の脂肪や糖の吸収を抑えてくれます。

そして腸の中で痩せ菌が増えるのをサポートしてくれるので、Wのダイエット効果が期待できます。

ポイント

できれば食事の直前に水かお茶などに混ぜて飲むのがおすすめです。

それが難しい場合は、食事中の汁物やおかずに混ぜて食べるという方法でも効果があります。

 

そして、難消化性デキストリンは数日摂取すればすぐに効果が出るわけではありません。

毎日少しずつ摂取し続けて、できれば数か月単位で取り組んでみましょう。

難消化性デキストリンと痩せ菌の関係!危険性や副作用はないの?

難消化性デキストリンと痩せ菌の関係において危険性や副作用はないのでしょうか?

難消化性デキストリンに危険性や副作用はないの?

 

難消化性デキストリンが自然由来の成分とはいえ、危険性や副作用を心配される方もいるのではないでしょうか?

しかし、難消化性デキストリンは人でも動物でもしっかりと副作用に関する実験がされていて、世界各国で危険性が非常に少ない成分だということが実証されています。

また日本はそういった食物に関する危険性には厳しい国ですが、トクホ飲料などに使用されている成分は特に厳しく基準が設けられています。

ですからまず、難消化性デキストリンで危険性や副作用があるということはありませんし、そういった報告もないので安心して大丈夫だといえます。

 

難消化性デキストリンで痩せ菌を増やしたいときの摂取量目安

さきほど副作用がないということを書きましたが、難消化性デキストリンは食物繊維の一種なので、さすがに摂取しすぎると下痢をしたり、逆に便秘になったりという可能性も無くはありません。

食物繊維をたくさん摂取すればするほど腸内環境が良くなるということはないですし、たくさん痩せ菌が増えてダイエットできるということもありません。

難消化デキストリンの摂取量の目安としては、1日に5~10g程度が良いとされています。

早く効果を得るために焦ってたくさん摂取したりせず、摂取量の目安を守って毎日少しずつ、できれば数か月単位で取り組むことが痩せ菌を増やすためのコツです!

痩せ菌の難消化性デキストリン、整腸作用はどう効く?

痩せ菌の難消化性デキストリンは、整腸作用に関してはどうでしょうか!

痩せ菌のデキストリンの整腸作用

整腸作用は「腸の環境を整える」ことですよね。

腸の環境を整えるのに最適なものは乳酸菌やビフィズス菌です。

これらの痩せ菌を難消化性デキストリンは助けてくれるのかどうかが鍵となるでしょう。

答えは、助けてくれます!

痩せ菌は難消化性デキストリンの元である水溶性食物繊維を餌にして増殖することができます。

そのため、痩せ菌を増やして腸内菌叢することに関しては定評がある成分です。

これらの痩せやすい要素は、同時に腸の環境を限りなくよくしてくれることにもつながっています。

整腸作用を実感することができ、主に「便秘予防」「下痢予防」に関しては絶大な効果を持っているのではないでしょうか!

例えば、便秘に悩んで医者に相談したところ、痩せ菌の難消化性デキストリンの摂取を心掛けるように言われた患者さんもいるくらいです!

痩せ菌の難消化性デキストリンは整腸作用以外にも「脂肪抑制」「血糖抑制」「ミネラル吸収促進」「中性脂肪低減」の効果も備わっています。

総合的に判断して充分「体に優しい成分である」と考えることができるのではないでしょうか。

 

痩せ菌の増える難消化性デキストリンの整腸作用で便秘解消すると、どんな良いメリットがあるのか身体に現れるのか知っていますか?

痩せ菌が増えて腸内環境が良くなるだけではない便秘解消の効果を下の記事で書いているので読んでみてください。

↓↓↓

痩せ菌で便秘解消!うわさの腸活ダイエットで身体が軽くなる!

元気な腸は身体が軽くなるんです♪

 

難消化性デキストリンと痩せ菌まとめ

今回はダイエットの強い味方、難消化性デキストリンの痩せ菌効果についてご紹介しました!

難消化性デキストリンは安全性が高い

 

トクホだけではなく、身近にある色々な食料品にも難消化性デキストリンは配合されているので、安全性が高いということがわかりますね。

味にクセが無くとても使いやすいので、ぜひ色々な飲み物や食べ物に混ぜてダイエットに活用してみてください!

 

-痩せ菌食品・食材・レシピ

Copyright© 痩せ菌ing! , 2019 All Rights Reserved.